先進7カ国(G7)交通相会合に出席するために長野県軽井沢町入りした石井啓一国土交通相は23日、同町で大学生ら15人が亡くなったスキーバス事故現場を訪れ、花を手向けた。石井国交相は記者団に「二度と悲惨な事故を起こさないという決意の下、献花した。安全対策に万全を期す」と語った。

 また、旅行会社にバス運行会社を仲介する「ランドオペレーター」と呼ばれる業者を規制する法案を来年の通常国会に提出する考えを示した。