2014年に自殺した福井県若狭町立上中中学校教諭の島田友生さん=当時(27)=について、地方公務員災害補償基金福井県支部が公務災害と認定したと、遺族の弁護団が23日、記者会見し明らかにした。認定は6日付。

 弁護団によると、島田さんは14年4月に採用され、中学1年のクラス担任や野球部の副顧問も務めていたが、同年10月に自殺した。

 同支部は、島田さんの4〜6月の残業時間が128〜161時間に上ったと認定。生徒の問題行動などの対処にも追われ、強度の負荷により精神疾患を発症した可能性を指摘した。

 父親の富士男さん(56)は「6カ月も一緒にいて何の変化にも気付かない職場はどういう状況なのか」と憤った。

 玉井喜広若狭町教育長の話 今後は超過勤務の縮減、職場環境の改善対策を進めたい。