気象庁は13日記者会見を開き、日本の上空に強い寒気が流れ込み、14日から15日にかけて強い冬型の気圧配置となるため、北日本(北海道と東北)から西日本の日本海側を中心に平地でも大雪になると発表した。

 西日本や東日本の太平洋側でも積雪となるところがあり、交通の乱れや車両の立ち往生などに警戒を呼び掛けた。

 同庁によると、15日にかけて北日本から西日本の日本海側を中心に雪を伴った非常に強い風が吹き、海上は大しけとなる見込み。

 記者会見した松本積・主任予報官は週末に大学入試センター試験が予定されていることについて「時間に余裕を持って行動していただくことが大切。路面が凍っているので足元の安全にも気を付けてほしい」と話した。

 14日正午までの24時間予想降雪量は多いところで北陸90センチ、関東甲信と東海70センチ、近畿60センチ、中国50センチ、北海道30センチ。15日正午までの24時間では北陸100〜120センチ、東北と関東甲信、東海60〜80センチなどと予想される。