相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害されるなどした事件で、神奈川県警は13日、職員の頭を殴ってけがをさせ、結束バンドで拘束したなどとして、逮捕致傷や銃刀法違反容疑などで、元職員植松聖容疑者(26)=鑑定留置中=を追送検した。容疑を認めているという。

 県警は、入所者らを殺傷した一連の襲撃事件の捜査をほぼ終える。

 横浜地検は今月23日まで植松容疑者の鑑定留置を行い、刑事処分を決める見通し。

 送検容疑は昨年7月26日午前2時半ごろ、勤務中の職員に「騒いだら殺す」と包丁で脅し、結束バンドで手すりに縛り付け、けがをさせるなどした疑い。女性職員=当時(39)=は全治2カ月の顔面打撲で、別の女性職員=同(37)=は軽傷。他に当時23〜54歳の男性職員3人も拘束されたが、けがはなかった。

 県警は事件当日、入居女性=同(19)=に対する殺人未遂容疑で植松容疑者を逮捕。その後、殺人容疑で2度再逮捕し、入所者に重軽傷を負わせた殺人未遂容疑で昨年12月、追送検した。