和歌山県田辺市の山中で男性の遺体が見つかった事件で、県警捜査1課は13日、遺体の身元は同市龍神村安井、大工の場谷忠善さん(50)と発表した。情報提供に基づき歯型などで確認した。

 司法解剖の結果、遺体の右肩の後ろに刺し傷があり、死因は出血性ショックと判明。捜査1課は場谷さんがトラブルに巻き込まれた可能性があるとみて、殺人、死体遺棄事件として捜査している。

 捜査1課によると、場谷さんは同県上富田町で長女一家と暮らしていた。昨年12月ごろ行方不明になり、「連帯保証人になった。別の所で働くので探さないでほしい」とのメールが長女に届いていたという。