神奈川県厚木市のアパートで2014年、男児=当時(5)=の白骨化した遺体が見つかった事件で、殺人などの罪に問われた父親の斎藤幸裕被告(38)の控訴審判決が13日、東京高裁であった。秋葉康弘裁判長は、保護責任者遺棄致死罪にとどまると判断し、殺人罪の成立を認めて懲役19年とした一審横浜地裁の裁判員裁判判決を破棄し、懲役12年を言い渡した。

 一審は、児童虐待に詳しい医師の証言から、男児は栄養不足で関節が曲がって固まる「拘縮」が起き、診療を受けさせなければ死亡する可能性が高かったと認定した。

 しかし秋葉裁判長は、遺体を解剖した別の医師は拘縮を否定したと指摘。「立ったり動いたりできない状態だった」とした被告の供述調書についても、「取調官の誘導があり、信用性は高くない」と述べ、殺意を認めた一審は誤りと判断した。

 判決によると、斎藤被告は2人で生活していた長男理玖くんに不十分な食事しか与えず、室内に閉じ込めて放置し、07年1月中旬ごろ死亡させた。