兵庫県川西市の民家で2013年、住人の肥後恭子さん=当時(25)=が暴行され死亡した事件で、神戸地検は13日、傷害致死罪で当時肥後さんと集団生活をしていた無職田口恵子(32)、下地道嗣(34)、下地貴慎(25)の3容疑者を起訴、少年(17)を同罪で神戸家裁に送致した。家裁は同日、2週間の観護措置とした。この事件では、既に肥後さんの兄(29)が同罪で服役中。

 起訴状によると、13年10月16日夕方ごろ、川西市の民家で、田口、道嗣両容疑者と少年は共謀し、顔面を殴るなどの暴行を肥後さんに加えた。その後、同民家や市内の路上で、貴慎容疑者や肥後さんの兄とも共謀、腹部を特殊警棒で殴るなどして吐いた物を気道に詰まらせ、窒息死させたとされる。