日本人初の女性宇宙飛行士で、米スペースシャトルで2回飛行した向井千秋さん(64)が、30日からオーストリア・ウィーンで開かれる国連宇宙空間平和利用委員会の科学技術小委員会で議長を務めることが13日、分かった。

 同小委は、宇宙ごみ対策や衛星を使った災害監視など、宇宙の平和利用を進める上で必要な国際協力などを検討する。宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、女性の宇宙飛行士が同小委の議長を務めるのは初めて。