菅義偉官房長官は23日午前の記者会見で、米国の利上げ見送りの影響で円高が進行していることに関し、「極めて神経質な動きが出ていることに憂慮している」と表明した。

 東京外国為替市場の円相場は、約1カ月ぶりに1ドル=100円台を付けた。これに関し、菅長官は「政府として為替市場の動向をこれまで以上に緊張感を持って注視していきたい」と述べ、強く警戒していることを強調した。

 菅長官は「為替相場の過度な変動や無秩序な動きは、経済・金融の安定に悪影響を与える」と指摘。その上で、「このような動きが継続するのであれば必要な対応を取りたい」と述べ、介入の可能性に言及して市場をけん制した。