自民党の二階俊博幹事長は13日、TBSの番組収録で、トランプ次期米大統領が選挙期間中、在日米軍駐留経費の日本側負担増を求める考えを示していたことについて、「一方的に大声を立ててヒステリックに言って歩くのは、大国の大統領のすることか」と疑問を呈した。

 トランプ氏がトヨタ自動車のメキシコ工場新設を批判したことについても、二階氏は「批判をする方がとんでもない。日本は国際的なルールに基づいて、相手の国からも進出要請を受けて進めている」と反論。「もう少し紳士的に、お静かにやりなさい」といさめた。