稲田朋美防衛相は21日の閣議後の記者会見で、新型高出力エンジンの地上燃焼実験に成功したと主張している北朝鮮に関し、「米韓合同軍事演習に反発しており、今後さらなる挑発行動に出る可能性も考えられる」と述べ、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験など北朝鮮の動向把握に努める考えを示した。

 岸田文雄外相も閣議後会見で「いかなる事態にも対応できるよう高度の警戒態勢を備えておかなければならない。国民の命や暮らしを守るため万全の態勢を敷く」と述べた。