米ツアーから帰国した横峯は2バーディー、3ボギーの73で41位と出遅れた。2005年に優勝した大会だが、序盤からティーショットが右へ左へ曲がり、精度を欠いたアイアンも最後まで修正できず、「チャンスが少なかった」と肩を落とした。

 米ツアーでは、ここ2大会連続で予選落ち。「今はこういう時期なのかも。乗り越えられる日を待っている」と祈るように話した。