【バルディフィエメ(イタリア)時事】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は13日、イタリアのバルディフィエメで個人第9戦が行われ、日本勢は渡部暁斗(北野建設)の8位が最高だった。前半飛躍(HS134メートル、K点120メートル)は122メートルを飛び6位。首位と57秒差でスタートした後半距離(10キロ)で順位を下げた。

 エリック・フレンツェル(ドイツ)が前半2位からの逆転でW杯今季5勝目、通算36勝目を挙げた。

 加藤大平(サッポロク)は25位、渡部剛弘(ガリウム)は26位、永井秀昭(岐阜日野自動車)は28位、清水亜久里(ユーグレナ)は32位、山元豪(早大)は35位、渡部善斗(北野建設)は39位。