Jリーグのシーズン開幕を告げる富士ゼロックス・スーパーカップ(2月18日、神奈川・日産スタジアム)の開催発表記者会見が13日に東京都内で行われ、対戦する鹿島と浦和の選手が抱負を語った。

 昨季のチャンピオンシップ決勝を争った両チーム。J1リーグと天皇杯の2冠を達成した鹿島のDF伊東幸敏は「今季はあらゆるタイトルを取りたい。全力で勝ちにいく」と強気に意気込みを口にした。浦和は年間勝ち点で1位となったが、チャンピオンシップで苦杯。DF遠藤航は「悔しい思いをした借りを返すチャンス。いい準備をして、しっかり勝利を収めたい」と話した。キックオフは午後1時35分。