フィギュアスケート男子の宇野昌磨(中京大)が13日、横浜市内でアイスショー出演後に取材に応じ、4回転ループに挑戦する意向を示した。「練習でコンスタントにいいジャンプで降りられるようになった。シーズン後半(の試合)に入れようと思っている」と話した。

 宇野は今季、自身が世界で初めて成功させたフリップと、トーループをプログラムに組み込んでおり、ループを入れれば3種類目の4回転となる。2月に平昌五輪のテスト大会を兼ねて行われる四大陸選手権(韓国・江陵)と札幌冬季アジア大会、3月下旬開幕の世界選手権(ヘルシンキ)に出場する。