バレーボールのプレミアリーグは14日、東京・大田区総合体育館などで行われ、女子ではNECがトヨタ車体を3―0で下し、12勝4敗で首位を守った。日立がPFUにフルセットで競り勝ち2位に浮上。連覇を目指す久光製薬は東レに2―3で逆転負けし、3位に後退した。

 男子は2試合が行われ、豊田合成がサントリーにストレート勝ち。堺はJTをフルセットで破った。