【ホノルル時事】米男子ゴルフのソニー・オープンは13日、ハワイ州ホノルルのワイアラエCC(パー70)で第2ラウンドが行われ、12位で出た小平智は4バーディー、ボギーなしの66で回り、通算9アンダーの131として首位と8打差の6位に浮上した。

 前日38位の谷原秀人は65をマークして通算8アンダーの13位に上昇。松山英樹は4バーディー、1ボギーで通算7アンダーとしたが、順位は三つ落ちて24位となった。

 ジャスティン・トーマス(米国)が通算17アンダーで2位に5打差をつけて独走。宮里優作、片岡大育、岩田寛は予選を通過できなかった。