ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は14日、札幌市宮の森ジャンプ競技場(HS100メートル、K点90メートル)で個人第7戦が行われ、W杯個人総合得点2位の伊藤有希(土屋ホーム)が95メートルと96メートルを飛び、254.3点で初優勝を果たした。W杯ジャンプ女子で日本選手2人目の優勝者。W杯総合首位で通算50勝目を狙った高梨沙羅(クラレ)は93メートル、92メートルの242.1点で2位だった。

 3位はマーレン・ルンビー(ノルウェー)。勢藤優花(北海道メディカルスポーツ専門学校)は12位、岩渕香里(北野建設)は19位、岩佐明香(日大)は29位だった。

 茂野美咲(CHINTAI)、大井栞(札幌日大高)は2回目に進めなかった。