ラグビーのトップリーグは14日、各地で最終節の8試合が行われ、サントリーが神戸製鋼を27―15で下し、15戦全勝の勝ち点69として4シーズンぶり4度目のリーグ制覇を果たした。

 優勝の可能性を残していたヤマハ発動機はトヨタ自動車に27―8で勝ったが、14勝1敗の勝ち点67で2位。パナソニックは東芝に15―14で逆転勝ちし、13勝2敗で3位となった。神鋼は10勝5敗で4位。昨季準優勝の東芝は6勝9敗で9位に終わった。

 21日から始まる日本選手権では、初戦の準決勝でサントリーは全国大学選手権8連覇の帝京大学と、ヤマハはパナソニックとそれぞれ対戦する。