【アルアイン(アラブ首長国連邦)時事】サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選のアラブ首長国連邦(UAE)戦を控える日本代表から、膝の故障で離脱することになった主将のMF長谷部誠(フランクフルト)が20日、敵地アルアインで取材に応じ、「この試合に懸ける気持ちが強く、個人的にはやり切れない、断腸の思い」と話した。

 近日中に一時帰国し、医師の診断を仰ぐ。痛めたのは左膝とみられていたが、実際は右膝だったと明かし、所属クラブ、代表チームのドクターからは内視鏡による精密検査が必要との所見を受けた。「状況的に膝にメスを入れる可能性がかなり高い」と述べた。

 20日の練習冒頭のミーティングで、仲間に対して「申し訳ない気持ちと皆への信頼を伝えた。素晴らしいチームなので、全く心配していない」と語った。