陸上男子短距離の桐生祥秀(東洋大)と山県亮太(セイコー)が21日、約1カ月に及ぶオーストラリア合宿を終え、成田空港に帰国した。キャンベラで11日に行われた競技会の100メートルで10秒04(追い風1.4メートル)を出した桐生は「まだ調整段階だが、最高スピードが例年より出ている」と日本選手初の9秒台へ手応えを語った。

 同じ大会で10秒06(同1.3メートル)だった山県は「自分の感覚以上にタイムが良かった。手応えがある」と自信をのぞかせた。

 桐生の次戦は4月23日の吉岡隆徳記念出雲大会100メートル。「これからスタートの練習をしていく。7、8月に合わせていきたい」と今夏の世界選手権を見据えた。