【ワシントン時事】米上下両院情報委員会の民主党トップを務めるファインスタイン上院議員とシフ下院議員は22日、同党全国委員会(DNC)など大統領選関係の組織を狙ったハッキングが続いていることについて「ロシアの情報機関が選挙に影響を与えようと、真剣かつ組織的に努力していると結論付けた」と表明し、プーチン大統領に即時停止を求める共同声明を発表した。

 両議員は、これまでに米政府から聞き取った情報を基に「ロシアは少なくとも、選挙のセキュリティーに疑念を抱かせることを意図しており、選挙結果に(直接)影響を与えることを意図している可能性もある」と分析。「情報機関にそうした行為を指示できるのは、ロシア政府の極めて高いレベルだけだ。プーチン大統領が直ちに活動停止を指示するよう要求する」と記した。