【モスクワ時事】ロシアの首都モスクワ東部の倉庫で22日夜、大規模な火災が発生し、消火活動に当たった消防士8人が死亡した。インタファクス通信が伝えた。倉庫の作業員や付近の住民に死傷者はいないとみられる。

 倉庫はプラスチック製品などを保管し、4000平方メートルが焼け、1500平方メートルの屋根が崩落。出火から約14時間後の23日朝に鎮火した。捜査当局は暖房器具から出火した可能性を含め原因を調べている。