【ニューデリー時事】インド政府は23日、フランスとの間で、仏戦闘機ラファールを36機調達する契約を締結した。購入金額は約5800億ルピー(約8700億円)。インドにとって、新型戦闘機の大量調達は数十年ぶりという。

 インドは領土問題を抱える中国とパキスタンに対抗するため、軍備刷新を進めている。特に空軍については、ロシア製戦闘機が次々と引退時期を迎えており、新型戦闘機の調達が急務となっていた。