【ニューヨーク時事】米南部フロリダ州ジャクソンビルの病院から新生児だった1998年に誘拐された女性が、約300キロ離れた南部サウスカロライナ州ウォルターボロで18年ぶりに見つかった。女性を育てたグロリア・ウィリアムズ容疑者(51)は誘拐容疑で逮捕された。ABCテレビなどが13日報じた。

 女性は出生から数時間後に看護師を装った女に連れ去られ、行方不明になった。昨年、サウスカロライナ州にいるとの情報が当局に寄せられ、別名で暮らすこの女性を発見。今週実施したDNA鑑定で本人と確認された。地元警察によると「健康状態は良好」という。

 実の母親は、わが子が発見されて非常に喜んでいるという。ただ、18歳は米国では成人となるため、実の両親に会うかなどは女性本人が決めることになる。