image
昨年のアカデミー賞授賞式に連れ立って出席したジェニファー・アニストンとジャスティン・セロー Mark Suban / ©A.M.P.A.S.

ハリウッドに激震を走らせたブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの破局。その衝撃は各方面に飛び火している。

やはり注目されたのは、ピットの元妻であるジェニファー・アニストンだ。2人は2000年に結婚したが、まだ夫婦だったときにピットが『Mr.& Mrs.スミス』での共演をきっかけにジョリーと不倫関係に陥り、結局離婚した。夫を略奪された形となったアニストンは、ジャスティン・セローという最愛のパートナーと出会うも、何かとジョリーと比較されるようになってしまう。婚約指輪の石の大きさ、結婚式のドレス、幸せなのはどちらなのか……。

2011年から交際していたアニストンとセローは2015年夏に結婚。子どもはいないが、時折キャッチされるツーショットからは互いが持つ愛情の深さがうかがえる。

2人の関係がなぜこれほどまでに良好なのか、セローがET Onlineのインタビューで語った。

「僕たちは、お互いのユーモアを認め合い、お互いを尊重し、仲良く暮らしている。単純なことだけど、これが真実なんだよね」

互いに向き合うことこそが、幸せな結婚生活を続ける秘訣であるようだ。

ジョリーがピットとの離婚を申請したとの一報が流れた後、アニストンが「これはカルマ(業)ね」と快哉を叫んだとの眉唾もののゴシップ記事が出たが、真偽は闇の中だ。