image

40代のホテル女性従業員との間で示談が成立し、不起訴処分で釈放された高畑裕太(23)。現在、埼玉県内の心療内科の専門病院に入院中だ。

「いま、ある妙案が水面下で進行している」と語るのは、裕太自身と交流もある芸能プロの関係者だ。

「じつは母親の高畑淳子さんや関係者は、事件が大きく報じられたいま、芸能界どころか、一般社会で普通の仕事に就くことも厳しいと現状を見ているんです。そこで浮上しているのが、“海外への語学留学”。日本でなく海外ならば、一からやり直せると。裕太は高校時代、野球に没頭していたため、英語は大の苦手。そこで、一から英語を学ばせるため、米国のロサンゼルスなどが候補に上がっています。現地でバイトもさせて、芸能界以外の社会経験がない裕太にいろいろな職種を経験させたいそうです」

ただ、この計画には“ネック”がある。

「裕太が穴をあけた映画やドラマの関係者への謝罪まわりが、まだ終わっていません。損害賠償をどうするか、その話し合いもまとまらないうちに、裕太が海外に行ってしまったら、またまた大騒動です。お母さんとしては、高校卒業後に単身米国へ渡って語学を磨き、香港でプロデューサーに見い出されて国際俳優としてデビューした、ディーン・フジオカのような“海外逆輸入”での一発逆転劇を狙っているのでしょう。ただ、裕太ひとりで米国生活はとても無理。当初は姉のこと美さんが一緒に行くかもしれません」(前出・芸能プロ関係者)

おディーン様でもデビューまで7年かかった海外留学。いまの裕太は、はたして……。