image
Reddit

ブックマークサイト「Reddit」に投稿された1枚の請求書が議論を呼んでいる。

これは産婦人科が出産費用として発行したもので、投稿者は出産した女性の夫。米国の出産費用は高額であることが知られている。この請求書では帝王切開の費用も加算されているため、総額は13,280ドル(約136万円)と記されている。しかし、投稿者が憤っているポイントはこの金額ではない。費用の内訳にひっそりと紛れ込んでいる「SKIN TO SKIN AFTER C-CEC(帝王切開後のカンガルーケア)」の項目だ。

出産直後、母親が生まれたばかりの我が子を直接肌に触れるように抱く“カンガルーケア“は、日本でも広く普及している。

投稿者によると帝王切開中、看護師に「産まれたら抱っこしたい?」と訊かれた妻は「もちろん」と答え、無事出産を終えると、その看護師は息子を胸の上で抱かせてくれた。しかも、夫のカメラでスリーショットも撮影してくれるなど至れり尽くせりで、夫婦は病院の対応に心から満足していたという。

その後、退院手続きで請求書を見た夫婦は目を疑った。カンガルーケア代39.95ドル(約4,000円)が別料金としてが計上されていたのだ。

Redditでは、「お母さんが赤ちゃんを抱っこするのにお金を取るなんて!」「病院だって大変なんだから仕方ないよ」といったものに始まり、米国の医療業界、保険業界の闇にまで切り込む大論争に発展している。

産科の看護師だったというあるユーザーは「これに課金する病院は知らないけど、手術室でカンガルーケアを行うには、赤ちゃんの様子を付きっきりで見守るスタッフが必要になります。かつてはすべての赤ちゃんが一旦NICUに運ばれて、何も問題がない、とわかったら新生児室に連れて行ったものよ」と、カンガルーケアにはコストがかかると説明。

皆さんはこの4,000円をどう考えるだろうか。