image

時任「(ドラマ『ふぞろいの林檎たち』の撮影)当時は、今と撮り方が違っていて、シーン全部にリハーサルがありました。そのリハーサルでだいぶ、鍛えられて」

中井「鍛えられるというより、しごきですよ。本当、すごかった」

今秋公開の映画『グッドモーニングショー』で、ドラマ『ふぞろいの林檎たち』(TBS系)以来、およそ20年ぶりの共演を果たした時任三郎(58)と中井貴一(55)の2人。資料として用意した30年以上前の雑誌の対談記事を前に「懐かしい!と」笑い合う。今回の対談も終始、仲よしぶりを見せつけてくれました!

−−『ふぞろいの林檎IV』以来、約20年ぶりの共演になりますね。

時任「またチャンスがあれば共演したい、という気持ちがずっとありました。今回の映画での2人の関係や設定が、実際の2人に近いものがあったので、即答で『やります!』と。20年ぶりって感じはしませんでしたね。何年か会っていなくても、つい昨日会っていたような間柄です」

中井「僕も久しぶりな感じはしなかった。僕らは戦友という感じ。いつでも同じ現場にいられる仲だと思います」

時任「同じ釜の飯を食った仲だね」

中井「若いころの経験って強烈。あのころ、時任さんがいちばん年長で、世間でもいちばん知られていましたね」

時任「そうだった?」

中井「ロケのとき、道でおじさんに『何撮ってるの?』って聞かれて、『“ふぞろいの林檎たち”です』って答えたら『誰出てるの?』と聞かれて。『時任三郎さんと、柳沢慎吾さんです』『ああ、時任ね、あの大きいの』って。僕はスタッフだと思われていたんだと思う(笑)」

時任「スタッフとして話されてたんだ」

中井「俺も出てる、とは言えない状況で、俺も頑張って知ってもらおう!って思いました(笑)。あのころ、生まれて初めて焼き肉を食べさせてくれたのも時任さん。僕が21歳のとき。世の中にこんなにうまいものがあったんだ、って感動しましたからね(笑)」

−−当時はオネエ言葉で話したりして笑っていたそうですが、どんな話を?

時任「ほとんど話せない内容だね。当時話していたことなんて(笑)」

中井「撮影していた緑山のスタジオでは、本当にくだらない話をしてました(笑)。その流れで、全員の撮影が終わるまで待っていて、時任さんが一人暮らしをしていた部屋にみんなで行って、枕投げをしたりしてました。女性陣もみんな一緒に」

時任「そうだっけ(笑)」

中井「ワイワイ楽しかったですね。エピソードを話したいけど、覚えてないくらい子供っぽいんです。『誰が好きなんだよー』『好きなのかよー』とか(笑)」