image
シェイリーン・ウッドリーのライブ配信より

映画『ダイバージェント』シリーズや、ドラマ『アメリカン・ティーンエイジャー 〜エイミーの秘密〜』で知られる女優シェイリーン・ウッドリー(24)が米国時間10日朝、ダコタ・アクセス・パイプラインの建設を反対するデモに参加し、不法侵入で逮捕された。

問題のパイプラインは1日あたり47万バレルを超える原油を運ぶため、ノースダコタ州からイリノイ州にかけて建設されている。建設ルートはミズーリ川を横断するように設計されており、そのすぐ下流には先住民族の居留地があるため、環境への影響を懸念する住民や環境活動家により大規模な抗議活動が展開されている。レオナルド・ディカプリオや、スーザン・サランドン、また民主党大統領候補として、最後までヒラリー・クリントンとその座を争ったバーニー・サンダースらも建設に反対の立場を表明している。ウッドリーもそんな環境活動家の1人なのだ。

ウッドリーが先住民らと共に参加した抗議活動は、太鼓を叩きながら歌を歌ったり、「水は命」と書かれたプラカードを掲げたりといった平和的なものだった。彼女は一連の様子をFacebookでライブ配信していたが、ちょうど逮捕される瞬間はカメラが別の方向を捉えていたため、ウッドリー自ら以下のように補足している。

「聞こえていたかどうかわからないけど、私はキャンプに戻るために車の方へ歩いていたの。そうしたら警官にジャケットを掴まれて、『行かせるわけにはいかない』と言われて。彼らは大きな銃と棍棒と手錠を持っていた。そして私は捕まったの」

ウッドリーが警官になぜ自分を拘束するのかと尋ねると、「今ここでは話せないが、不法侵入で君を逮捕する」という答えが返ってきた。配信が途切れる直前には「逮捕されちゃった。私は有名人だから、4万人の人が(配信を)見てくれるから、警察は私を逮捕したのよ。このことが大きなメディアで取り上げられることを祈ってる」と仲間に託したスマートフォンに呼びかけながら、彼女は連行されていった。