image

激動の16年を締めくくる大晦日のNHK紅白歌合戦。

解散決定以後、本来あるはずだった“25周年記念ライブ”もなく、5人で歌う姿すら見せていないSMAP。彼らが紅白で有終の美を飾るのか、動向に注目が集まっている。

「これまで23回の出場を誇り、大トリも5回。中居(正広)さんは5回も司会を務め、紅白への貢献度も大きい。NHKとしては今回の紅白でも大トリと“25年間の軌跡”と題したコーナーを設けて、解散の花道にと考えています。メンバー間に不和があるのは事実。そのため当初は、SMAPの紅白出演はあり得ないと思われていましたが、時間がたって冷静になったメンバーたちは紅白出場を前向きに考えられる気持ちになっていると聞いています。ファンの支持があってこそ、ここまでのグループに成長できた。最後に5人で歌うことがその恩返しにつながる――そんな柔軟な考えに変わってきているようです」(NHK関係者)

これまで前向きでないのは当人たちだと報じられてきたが、「そうではない」とこの関係者は言う。

「あとは事務所の了解も必要だと考えています。NHKとしては、来年の紅白での所属事務所の“出場枠”を大幅に増やしたり、大河ドラマでの主役に同じ事務所の俳優を起用するなど、破格の条件を出してでもSMAP出場を実現させたいと考えています」(前出・NHK関係者)