image

「『マネバナ』とは、『お金の話』のこと。そして『お金の花』のことでもあります。お金の話をすることで、お金の花を咲かせようというのが『マネバナ』の目的なんです」

そう語るのは、メガバンク出身で、不動産投資プロデューサーの長岐隆弘さん(44)。長岐さんは、9月26日に『見える化すればお金は増える! 書き込むだけでみるみる貯まるマネバナノートの作り方』(集英社)を発表した“お金の専門家”。今回、長岐さんが著書のテーマとなる、お金が貯まる「マネバナ」ノートの書き方を本誌に講義してくれた。

「『マネバナ』とは、単に年収や資産の話をするのではありません。皆さんが人生で経験したなかでのお金の話をするということ。人に話すことでお金に対する自分の考えを見つめ直すことができ、お金が貯まる性格へと変化させていくことができます。『マネバナ』ノートは、私たちが作り出した質問に、あなたが答えを書き込むために使うもの。そうすることで、あなたのお金への考え方、つまり金銭感覚を“見える化”することができるんです」(長岐さん・以下同)

“見える化”とは、ノートに書き出すことで、「目標への道筋」や実現に向けて必要なお金の「具体的な額」を導き出すことだという。

「高度経済成長期やバブル時代など、景気が右肩上がりの時代は、幸せの定義も“マイホーム・マイカー”と、ステレオタイプな共通の考えがありました。しかし、いまは経済が停滞し、価値観も多様な時代。幸せを感じるものも、ひとりひとり違います。大切なのは、あなたがどんな夢を持つかということ。その夢がかなったときの映像が具体的にイメージできることが大切なんです」

目標は「幸せな老後」というようなあいまいな言葉ではなく、「◯◯までに△△したい」と具体的に設定するべきだ、と長岐さんは語る。

「その目標を具体的に設定するために、この『7つの究極質問』があるのです。この質問への答えをノートに書いていくことで、あなたの過去と現在、そして夢とのギャップがわかります」

“マネバナ”7つの究極質問は以下の通り。

【Q1】あなたの親のお金の価値観は何ですか?

【Q2】あなたのお金に対するターニングポイントは何ですか?

【Q3】あなたの人生の目的は何ですか?

【Q4】人生の目的のために現在していることは?

【Q5】あなたにとってお金とは何ですか?

【Q6】あなたの毎月の収入−家計支出の「残高」はどれくらいですか?

【Q7】あなたの貯蓄残高はどのくらいですか?(不動産も含め)

「マネバナ」ノートの流れは、「過去の自分→未来の自分→現在の自分」。ポイントは、「未来予想図」をイメージしてから、今やるべきことを逆算していくことだそう。

「7つの質問に答えていくことで、自分の“金銭感覚”が洗い出されてきます。すると、将来実現したい目標に必要なお金がいくらかかるか具体的に数字で見えてきます」

今は全てにハッキリ具体的に答えられなくても大丈夫。さっそく、これらの質問の答えを書く「マネバナ」ノートを書いてみよう。