外国人技能実習制度を利用して群馬県内で働いた外国人は、2016年は6月末までに過去最多の6060人に上り、このうち88人(暫定値、12月末まで)が実習先から失踪していたことが12日、県警のまとめで分かった。