冬型の気圧配置が強まる影響で、大学入試センター試験が行われる14、15の両日、群馬県内は北部で大雪となり、南部でも降雪が予想されている。受験生は交通の乱れに気をもみ、大学入試センター(東京)は13日、試験会場となる大学などに柔軟に対応するよう求めた。15日投開票の伊勢崎市議補選(欠員1)の投票率への悪影響も懸念されている。 前橋地方気象台によると、予想降雪量は14日午前6時までの12時間に北部山地30センチ、北部平地5センチなど。同日午後6時までの24時間では北部山地60センチ、北部平地10センチ、南部山地15センチ、南部平地2センチの見込み。