宮内庁は13日、歌会始の一般応募で佳作に選ばれた21人とそれぞれの歌を発表した。儀式では披露されないが、天皇、皇后両陛下が歌に目を通される。 群馬県からは嘱託社員、岸和夫さん(71)=榛東村新井=の歌が選ばれた。岸さんは「まさか選ばれるとは思ってなかった。これからも言葉を勉強していきたい」と喜んだ。