県民の健康寿命を延ばすため、県と県立県民健康科学大(前橋市)は新年度、国民健康保険(国保)のビッグデータを活用して病気と生活習慣の相関関係や、地域ごとの健康面の課題を探る事業に乗り出す。 分析を基に、課題解決のためのシンポジウムを県内各地で開くなど、県民の健康増進に役立てる。増え続ける医療費の抑制や、県民の生活の質向上につなげる。