8月から食べまくった結果…。

 秋の気配が到来、スイーツ界にも「ほっくり感」が漂い始めました。そうです、スーパーやコンビニでは、「芋・栗・かぼちゃ」系が大充実! これらに目のない私は、ひたすら食べ続け、真の逸品を探す毎日を過ごしています。

 そこで今回は、実食40品以上! 身近で買える! 本当においしかった『芋栗スイーツ・パン』を6つ厳選してご紹介します。

(1)セブン-イレブン『お芋とほうじ茶の和ぱふぇ』 276円(税抜)

イモクリ度   4
食べごたえ   3
ユニーク度   4.5

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=587212

 さつまいものほっこり感を『お茶の香り』が引き立ててくれる和スイーツ。パフェと言えば、プリンやスポンジ生地が多い中、「ほうじ茶ムース&寒天」という新鮮な組み合わせが軽やかで斬新です。まだまだ暑い初秋に、軽やかとぽってりのハイブリッド感がたまりません。

(2)ダノン『オイコス パンプキン&さつまいも』 160円前後

イモクリ度   3
食べごたえ   4
ユニーク度   5

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=587221

 すっかり人気が定着したダノンのギリシャヨーグルトに、期間限定バージョンが登場。フレッシュチーズのような濃厚ヨーグルトにかぼちゃ&さつまいものほっこりソースは、他にはない味わいです。イモクリスイーツってハイカロリーなものが多い中、92キロカロリーですから、罪悪感なく楽しめるでしょう。

(3)マネケン『安納芋クリームワッフル』 180円、『さつまいもバター』、『栗』 150円(税抜)

イモクリ度4.5
食べごたえ4.5
ユニーク度4

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=587229

 今回最も熱狂したのが、ベルギーワッフル。こだわりのパールシュガーと小麦粉が、イモクリと実に良く合い、お互いの魅力を最高に引き立てています。特にオススメなのが、『安納芋クリームワッフル』。シュークリームより香り高く濃密、パンケーキより華やか軽やかなハッピースイーツです。

(4)タカキベーカリー『渋皮モンブランデニッシュ』 180円(税抜)

イモクリ度   3.5
食べごたえ   4.5
ユニーク度   3

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=587238

 イモクリ系が豊富な「菓子パン」の中で、ダントツにおいしかったのがコレ。パン屋のアンデルセンやリトルマーメイドと同グループのタカキベーカリーが作る栗デニッシュは、本格感たっぷり。香り高いデニッシュ生地と2層クリームの濃厚感は、フレッシュケーキにひけを取らないおいしさです。

(5)ローソン『さつまいものモンブラン』 295円(税込)

イモクリ度   5
食べごたえ   5
ユニーク度   4

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=587243

 スイーツのレベルが高いローソンからは、作りたてスイートポテトのようなお芋系モンブランがオススメです。土台のさつまいも、生クリーム、おいもペーストという3層の重ね合わせが、「濃厚三兄弟!」と叫びたくなるほど、シンプルで美味。見た目の美しさも印象に残ります。

(6)ハーゲンダッツ『紫芋』、『パンプキン』 280円前後

イモクリ度   4
食べごたえ   5
ユニーク度   3

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=587244

 最後は、季節モノを作らせたら天下一品のハーゲンダッツ。「紫いも」が3年ぶりに復活しています。堂々シンプルな紫いも、スイーツ度高めのパンプキン。どちらも満ち満ちたリッチなおいしさは、奇をてらわない王者の風格です。

<TEXT,PHOTO/スギアカツキ>
【スギ アカツキ】
東大卒の食文化研究家。長寿美容食研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で料理研究をはじめる。モットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ saqai.comも手がけている。