ソフトバンクは、スポーツライブ中継サービス「スポナビライブ」での新たな取り組みとして、LINEの「LINE LIVE」に公式アカウントを開設し、スポナビライブで提供するリーガ・エスパニョーラとプレミアリーグの試合の一部を無料で配信する。

 ソフトバンクユーザーであれば月額500円、ソフトバンク以外は3000円という有料サービスのスポナビライブだが、LINE LIVEの公式コンテンツでは無料で試合映像を配信する。今回提供されるのは、スペインのリーガ・エスパニョーラと、英国のプレミアリーグという2大プロリーグの試合。2016-2017シーズンの毎節各1試合が配信される。

 第1弾として、岡崎慎司選手が所属するレスター・シティ対マンチェスター・ユナイテッドの試合が9月24日20時20分より配信される。その後も、25日にラス・パルマス対レアル・マドリードなどの試合配信が予定されている。

 このほかソフトバンクでは、ソフトバンク以外のユーザーを対象に、スポナビライブの利用料を半額にするキャンペーンを10月1日に開始する。11月30日までに加入すると、最大2カ月間、利用料が1500円で利用できる。