山形県大蔵村の肘折いでゆ館などを運営する第三セクター「肘折温泉郷振興」が、肘折温泉の最高(最深)積雪を当てる賞品付きクイズを出し、答えを募っている。県内有数の豪雪地にある温泉をアピールしようと、初めて企画した。
 データは、肘折の地域気象観測システム(アメダス)の数値を基にする。最近の積雪は、最も多かった2013年が4メートル14センチ、最も少なかった16年は2メートル66センチ。今年は12日午後に積雪が2メートルを超えた。
 同社のホームページ(HP)などで3月16日に正解を発表する。賞品は、ズバリ賞が肘折温泉のペア宿泊券と入浴券20回分、ニアピン最高賞は宿泊券1万円分と入浴券12回分。ニアピン賞は2人で、入浴券12回分。各賞の人数を超える正解者がいれば抽選する。
 はがきかメールに今冬の最高積雪(○メートル○センチ)と住所、氏名、年齢、電話番号を記入して応募する。1人1通に限る。15日締め切り(当日消印有効)。肘折温泉郷のHPに応募フォームがある。連絡先は〒996−0301山形県大蔵村肘折温泉451の2、肘折温泉郷振興0233(34)6106。