乳がんの撲滅に向けて早期発見・早期治療の普及啓発を図ろうと、横浜ベイブリッジなど横浜、鎌倉両市内にある計8施設のライトアップが23日から始まる。25日まで。「ピンクリボンかながわ」の主催。 ピンク色にライトアップされるのは、横浜市内の市開港記念会館、横浜税関、横浜マリンタワー、よこはまコスモワールド大観覧車、象の鼻パーク、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル、横浜ベイブリッジと鎌倉市内の大船観音の計8施設で、午後6時から同10時までを予定。 今年は横浜ベイブリッジが新たに加わるが、常連だった県庁は工事のためライトアップされない。 22日には横浜公園で各種啓発イベントが予定されていたが、悪天候により中止となった。主催者は「乳がんの早期発見・早期治療の大切さをライトアップに込めて皆さんに発信する。ライトアップは天候にかかわらず実施する」と話した。 問い合わせは、ピンクリボンかながわ事務局電話(0120)406561。