2018年度中の開通を目指し、伊勢原市内で建設が進む新東名高速道路についての写真パネル展が同市役所で開かれている。 海老名南ジャンクション(JCT、海老名市)から伊勢原、秦野の市境までの11・3キロ部分を航空写真や地図、イラストなど15点で紹介。伊勢原JCT付近で行われた架橋工事を記録したビデオも流し、橋桁がゆっくりと動く様子を見て取れる。 2月28日まで。入場無料。問い合わせは、伊勢原市国県事業対策課電話0463(94)4711。