大阪、千葉県を中心とした麻しんの患者発生は継続しており、累計で100名を超えています。

 今後も地域的な感染の拡大が懸念されています。

 1歳を過ぎてMRワクチン未接種の場合は早急に接種してください。

 麻しんは広範囲に空気感染する感染症であり、また、一旦発熱すると一週間以上高熱が続き、入院を要することも珍しくありません。加えて、お子さんの場合は肺炎や脳炎などの合併症によって生命に関わることもあります。

 有効な治療法はなく、唯一の予防手段はワクチンの接種のみです。

地域別情報

 2016年第36週(9/5〜9/11)の速報データによると、兵庫県(11件)・大阪府(6件)・千葉県(3件)ほか滋賀県・京都府・愛媛県(各1件)で感染報告が上げられています。

感染経路

 麻しんは麻しんウイルスが人から人へ感染していく感染症であり、他の生物は媒介しません。人から人への感染経路としては空気(飛沫核)感染の他に、飛沫感染、接触感染もあります。麻しんは空気感染によって拡がる代表的な感染症であり、その感染力は強く、1人の発症者から12〜14人に感染させるといわれています。麻しん発症者が周囲の人に感染させることが可能な期間(感染可能期間)は、発熱等の症状が出現する1日前から発疹出現後4〜5日目くらいまでです。学校保健安全法施行規則では、麻しんに罹患した場合は解熱後3日間を経過するまで出席停止とされています。

予防

 麻しんは空気(飛沫核)感染する感染症です。

 麻しんウイルスの直径は100〜250nmであり、飛沫核の状態で空中を浮遊し、それを吸い込むことで感染しますので、マスクを装着しても感染を防ぐことは困難です。

 麻しんの感染発症を防ぐ唯一の予防手段は、予めワクチンを接種して麻しんに対する免疫を獲得しておくことです。

監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏
更新:2016/09/26