誰でも発症する可能性が…

食物アレルギーは子どもの病気だと思われがちですが、実は大人になって発症する人が増えています。大人の場合、突然発症することが多く、しかも、それまで普通に食べてきていたものがアレルゲンとなります。大人の食物アレルギーについてお話ししましょう。

◆食物アレルギーの原因は、主に食品に含まれるたんぱく質です。免疫がそれら原因物質を「異物」と判断すると抗体が作られ、その抗体の反応によって発症するのです。これまでアレルギーを起こしたことがない人や、アレルギー体質と言われたことがない人でも、突然発症する可能性があります。

◆なぜ、突然発症するのでしょうか。少量のアレルゲンに継続的に接触していると抗体が蓄積されていき、一定量溜まった時点でせきを切ったようにアレルギー反応が出ると考えられています。また、もともと特定の食品にアレルギーを持っていても、はっきりした症状が出ないために食べ続けてしまい、ある日強いアレルギー症状が現れるケースもあります。

◆子どもの食物アレルギーは、多くの場合、卵、牛乳、小麦が原因です。一方、大人は、より幅広い種類の食品が原因となる傾向があります。よく知られているのは、果物や野菜、小麦、エビやカニなどの甲殻類、ナッツ類などです。なお、果物の場合、生で食べたときに発症する場合がほとんどで、加熱や加工されたコンポート、ジャム、缶詰などでは発症しないこともあります。

◆果物や野菜のアレルギーは、特定の花粉症と併せて発症することがあるのも特徴です。スギやヒノキの花粉症とトマトアレルギー、ブタクサとメロン・スイカ・キュウリなどのアレルギー、ハンノキやシラカバとリンゴ・モモ・ナシ・イチゴなどのアレルギーといった組み合わせです。アレルゲンの花粉に含まれるたんぱく質と、果物や野菜に含まれるたんぱく質が似ているためだと言われています(口腔アレルギー症候群(OAS))。

◆また、花粉症ではありませんが、ゴム製品などのラテックスアレルギーとバナナ・アボカド・クリのアレルギーの組み合わせも知られています(ラテックス・フルーツ症候群)。

◆最近、話題になったのは、ダイビングやサーフィンをする人に納豆アレルギーが多いという現象。これは、ダイバーやサーファーが、納豆のネバネバ成分と同じ物質を含むクラゲの触手に何度も刺されているうちに、アレルギーを持ってしまうためだそうです。


▽▼▽食物アレルギーの症状や検査方法 など▽▼▽

(監修:はくらく耳鼻咽喉科・アレルギー科クリニック院長 生井明浩)