rod2800-1474359634

週末に行われたアウグスブルク戦で、相手MFドミニク・コールに対して激しいタックルで怪我を負わせ、即刻退場を命じられていたホセ・ロドリゲスに対して、DFBスポーツ裁判所は5試合の出場停止処分を言い渡した。

一度は追いつかれたマインツだが、その直後にマリのゴールで再びリードを奪うと、さらに武藤嘉紀の追加点で駄目押し。2点リードでロスタイムに入り、マインツには勝ち点3確保の喜びに包まれていた。

だがそこに影を落としたのが、この日ブンデスデビューとなり、85分から投入されたばかりのホセ・ロドリゲスだった。

コールに対してハードファウルを行った結果、同選手は14cmの裂傷を追う重傷を負い病院へと搬送。まさに退場処分は当然の結果であり、さらにDFBスポーツ裁判所は火曜、粗暴なファウルをおかしたとしてロドリゲスに対し、5試合の出場停止処分と1万ユーロの罰金を命じる判断を下した。

すでにクラブ側はこの判断を受け入れており、処分は確定している。