image
前節のブレーメン戦では、2得点を挙げる活躍をみせながらも、負傷のために前半で交代していたラファエルだが、31歳のFWは内転筋付近に過度伸展を抱えているとのことで、火曜日の最終調整では参加を果たすことができなかった。

これによりグラードバッハは、同選手を欠いて臨むこととなったのだが、代役を務めるのはいったい誰か?考えられるのはアザール、ハーン、シュティンドルを前線に配置することだろう。

なおグラードバッハは、シューベルト監督が「ホームのようにアウェイでも勝てれば、我々はバイエルンの成績にも匹敵する」と話すように、今年に入ってから敵地では1勝2分7敗と大苦戦。今季も昇格組フライブルクに1−3と敗戦を喫したばかりだ。

そして今回も昇格組ライプツィヒとアウェイ戦を戦うグラードバッハ。シューベルト監督はライプツィヒについて「対人戦にr強く、素早い切り替えしを行い、高いテンポで仕掛けてくるチームだ」とコメント、「難しい試合になるだろうね」と予想した。