image
前節では病気のために多くの主力選手を欠いて臨むことを余儀なくされたカルロ・アンチェロッティ監督だが、今節のヘルタ・ベルリン戦ではラーム、フメルス、アラバ、ミュラーの全選手が復帰。バートシュトゥーバとダグラス・コスタ以外、全ての選手がオプションとなった。

また筋束の断裂から回復し、前節で復帰したジェローム・ボアテングについては、アンチェロッティ監督は「良い状態だし、準備はできていると思うね」と述べており、先発復帰を果たすことに。ただ「良い練習を行ったラーム、ミュラー、アラバ」らの先発起用については、明言を避けている。

なお今節の相手ヘルタ・ベルリンは、予想を上回る開幕ダッシュを見せて3連勝を飾っており、アンチェロッティ監督は「とても良いプレーを見せているし、とてもコンパクトなチームで、良いチームスピリットも持っている。それに個人のクオリテイも兼ね備えているよ」と評価。

ちなみにアリエン・ロッベンはベルリン戦を非常に得意としており、これまで6度の対戦で7得点をマーク。今季はまだ出場していないが、起用について指揮官は「準備はできている。。ベンチから30〜40分はいけるだろう」との見方を示した。