%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-22-13-33-01 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-22-13-33-10

マン・オブ・ザ・マッチ:ティモ・ヴェルナー

【得点】

1−0:Ti. ヴェルナー(6分)

1−1:ジョンソン(85分、シュティンドル)

【試合後コメント】

papa8-1474536436ラルフ・ハーゼンヒュットル(監督:ライプツィヒ):
勝利に迫ってはいたのだが。しかし終盤で同点ゴールを決められてしまったよ。おそらくは精力的に走っていたことにより、少しフィニッシュの部分で正確性に欠けていたところがあったのではないかと思う。グラードバッハと痛み分けに終わったわけだが、しかし選手達をみると満足はしていないようだね。
…パパドプロスの復帰について
こういう熱い戦いの中で、CBとして起用されることは決して簡単なことではない。しかしコンパーがふくらはぎの筋肉をつってしまったのでね。

キリアコス・パパドプロス(CB:ライプツィヒ)
…193日ぶりの復帰
個人的には本当に良かったね。でも同点になったから残念だよ。でもこの勝ち点はオーケーとしないとね。まず移籍から1試合目をプレーできたのはよかった。これからもプレーできれば。ただ勝ち点3が取れなかったのは本当に残念だ。

ヴィリ・オルバン(CB:ライプツィヒ)
僕たちはいいディフェンスを見せていたし、相手にあまりシュートチャンスを与えていなかった。でもあの失点のところでは、プレーをおざなりにしてしまっていたね。残念だよ

アンドレ・シューベルト(監督:グラードバッハ):
このようなチームを相手に組織的にプレーしていくことは非常に難しいものだ。彼らはボールを奪ってから、本当に早く前線に行くからね。我々としては当然、別の展開に持ち込みたかったのだが、しかしこういった試合を、特に後半からしっかりと受け止めていたことが、より重要なことだよ。

RB Leipzig v Borussia Moenchengladbach - Bundesliga