%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-22-13-36-33%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-22-13-36-40

マン・オブ・ザ・マッチ:ヴィンセンツォ・グリフォ

【得点】

1−0:ペテルセン(70分:グリフォ)

【試合後コメント】

クリスチャン・シュトライヒ(監督:フライブルク):
難しい試合だった。特にビルドアップでね。リスクを冒していかなくてはならないものだし、それを後半では好転することができた。ベルリンやケルンのあとで、あれほどのプレッシャーの中で頑張っていた、とてもよかったよ。試合を通じて対人戦に勝利していたし、今日は運にも恵まれていた。ただ勝利にふさわしくなかったわけではないさ。

adler800-1474403454ブルーノ・ラバディア(監督:ハンブルク):前半は思っていた感じだたんだ。とてもスペースを狭くして、とてもボールを奪うことができていたよ。しかし判断ミスをおかしてしまっていたね。ポストでの不運にも見舞われた。しかし基本的に、我々はあまりにもボールを奪えていなかったと思うよ。決して今はいい状況ではない。自分たちでくるしめている。最後までしっかりとプレーできていない。その責任は私にあるし、当然苛立ちを感じているよ

レネ・アドラー(GK:ハンブルク)
ここまで前半は常に無失点に抑えられているんだ。でもいつもそのあとで崩れてしまう。それには理由があるんだけど、でもまだそれを見つけられていないんだ。分かっていれば解決しているさ。ただ結果はついてきていないね。正直、それは高慢な考え方だなと思うよ。監督のせいではない。彼は10ヶ月前にはメシアだったのに、今はスケープゴートにされているんだ。監督のことは気にしなくていい。彼は素晴らしい仕事をしている。僕たち選手が、いまはひどいプレーをみせているんだ。

ディトマー・バイエルスドルファー(CEO:ハンブルク)
今日は本当に悪かったね。それは私の問題ではない。しかしもちろんラバディア監督と話し合いを行う。彼がうちの監督であり、毎日彼を支持するコメントを口にする必要もないだろう。

frei800-1474397730