wolfsburg800-1474553064
最近3試合で放ったシュートは53本。しかしホッフェンハイム戦でもケルン戦でもゴールネットは揺らせず、唯一得点したドルトムント戦では1−5と大敗を喫した。しかし今節戦うブレーメン戦については、ヴォルフスブルクにとって嬉しいデータがある。

1.ヴォルフスブルクがこれまでのもっとも多く得点したクラブがブレーメン(71得点)

2.アウェイ戦で9勝、34得点というのは、ヴォルフスブルクにとってブンデス1部でもっともいい数字

3.マリオ・ゴメスがもっとも得点に関係したクラブがブレーメン。(9得点6アシスト)

4.マキシミリアン・アーノルドはブレーメン戦で4得点をマーク。それ以外のクラブでは2点より多くとったクラブはない。

5.確かに前回、ヴォルフスブルクとの連敗を6でストップしたブレーメンだが、しかし最近7試合の得失点差はヴォルフスブルクの24:7。