raff8-1474632722
快勝をおさめた第3節のブレーメン戦のハーフタイムで、それまでに2得点を挙げながらも交代していたラファエル。

31歳のブラジル人FWは、かつて痛めていた内転筋を負傷したとのことで、「土曜日の試合は出場しない流れにある」ことをシューベルト監督は明かした。

しかしおそらくは、水曜日に控えるCLバルセロナ戦を睨んでという意味合いもあるだろうが、いずれにせよこれにより今節は、ラファエルが欠場した前節と同様にシュティンドル、アザール、ハーンという布陣で臨むことになるだろう。

なお今回対戦するインゴルシュタットは、ここまでまだ勝ち点は1という状態ながら、規律をもったプレーを披露し「バイエルンと苦しめたんだ。3度も大きなチャンスもあったんだよ」と警戒心を示している。